ナマステ!(ネパール語で「こんにちは」)登録支援機関のアメイジュです。アメイジュで、1号特定技能外国人として支援している方々はベトナム、ネパール、中国など様々です。
特定技能試験の指導も出身国によって、漢字の理解度、英語の理解度などが異なるため、指導講師は候補生に合わせて、教案をアレンジしています。
指導講師、候補生の努力の甲斐あって、続々と特定技能試験の合格の知らせがきています。

ベトナム人候補生Tさん、合格おめでとうございます!

先日、特定技能試験を受験し、見事合格されたTさんから届いたメールを紹介させてください。

avatar
Tさん
今日の試験 合格した。
先生ありがとうございました。良い職場を紹介して よろしくお願い致します。
(原文そのまま)

Tさんの日本語はまだ拙い部分もありますが、彼女の気持ちが伝わる丁寧な文章に、指導講師はじめ、我々職員も感激いたしました。
今後はTさんが望む職場で介護士として活躍できるよう、就労サポートに心を尽くしてしてまいります!

【介護分野】特定技能試験(介護技能評価試験と介護日本語評価試験)とは

特定技能候補生たちが、1号特定技能外国人として介護分野で就労希望する場合、介護技能評価試験と介護日本語評価試験に合格する必要があります。

試験概要

<介護技能評価試験(全45問 60分)>受験料:1000円
学科(40問)
・介護の基本(10問)
・こころとからだのしくみ(6問)
・コミュニケーション技術(4問)
・生活支援技術(20問)
実技試験(5問)

<介護日本語評価試験(全15問 30分)>受験料:1000円
・介護のことば(5問)
・介護の会話、声掛け(5問)
・介護の文書(5問)

試験はコンピューターで行い、試験終了後に試験会場のコンピューターに結果が表示されます。
合格基準は、問題の総得点の60%です。

介護技能評価試験の内容については、初任者研修の内容と重なる部分がありますが、介護日本語評価試験の内容に関しては、特定技能試験特有の内容です。

介護日本語評価試験では、業務上の会話に出てくる単語の意味を選択する(更衣室、車いすなど)、利用者さんへの声かけに適切なものを選択する(トイレから立ち上がるのが困難な場合どのように声をかけるかなど)、利用者さんに関する情報(注意事項など)を読んで利用者さんに適切なケアを選ぶなど、日本語と介護両方の理解力が求められます。

1号特定技能外国人を受け入れるには?

介護業務の新たな担い手として、1号特定技能外国人を受け入れるためには、どうしたらいいのでしょうか?
まず事業所内で受入の目的(国際社会への貢献、職場の活性化、人材確保など)を職員全員で共有する必要があるでしょう。
また、単なる人材不足の手段として見るのではなく、一緒に働く仲間として受け入れるということも大事です。
また、言葉の使い方(専門用語の略語)や業務の標準化など外国人介護士にも分かりやすいように見直しを行うのもよいでしょう。

他には、職場以外で地域や社会との関わりがあるほど、外国人介護士の日本で働きたい意向が強くなるというデータが出ており(データ参考:厚生労働省)、日本での生活に馴染めるようサポートすることも求められます。

例えば、日本での生活マナーやルール(ごみ捨てのルール、病院のかかり方など)、日本での生活に必要な公的制度のの手続の補助、定期的な面談によるメンタルサポートなどです。

これらをすべてご自身の介護事業所で行うのは、負担が大きい…、人員確保の一つとして検討しているのに、その受け入れのためにさらに人を確保するなんて現実的ではない…と思われる方も多いでしょう。

1号特定技能外国人のサポートはアメイジュへお任せください!

登録支援機関であるアメイジュは、企業様に代わって、ビザ取得申請を始め介護資格取得支援、生活オリエンテーション、定期面談などの1号特定外国人に係るサポートを行っています。
1号特定技能外国人の受入をご検討の企業様は、どうぞお気軽にご相談くださいませ。