株式会社アメイジュでは、外国人向け介護日本語教育を実施しています。

【介護日本語教育の目的】
3年後の介護福祉士試験合格
「介護知識」を勉強するには「日本語能力試験N2」以上の日本語能力と共に「高い会話能力」が必須です。
本コースでは、日本語と介護科目を連動して教育します。

・授業は「Zoom」で行います(スマホが使えます)。
・日本語は全員日本語講師資格を持つベテラン講師が教えます。
・介護福祉士学科教育は弊社の専門であり毎年90%を超える合格実績があります。

企業様における外国人材の定着と活躍を弊社がサポートいたします。

入社1年目~介護福祉士合格までの教育プラン

介護日本語教育 プラン

コース例の紹介

JLPT N3合格コースの場合

●本コースの特徴
・学生はサイクルのどの時点からでも授業に参加可能。すぐに受講スタートできます。
・授業の時刻帯は20:00-22:00(1コマ1時間)※1時間授業、週2回が標準です。
・授業は日曜日を除いて、毎日実施。
・複数講師による同時進行授業なので、夜勤等で参加できない場合は、振替受講が可能です。

●授業内容
・N3の文型
・練習問題、解答、解説(文字・語彙、文法、読解)(聴解)
・過去問練習等


授業の実施要領

授業はZOOMを使用したオンライン形式

授業はZOOM(オンライン形式)で実施します。
学生はスマホ、パソコン、タブレット等を使用し、授業を受けます。

使用教材

厚生労働HPで公開している下記教材を使用してます。

▼「外国人のための介護福祉士国家試験 一問一答」(厚生労働省他)2021年 厚労省HP公開

一問一答(713問)
45回の授業で、解説を交えながら使用します。

▼「外国人のための介護福祉専門用語集」(厚生労働省他)2021年 厚労省HP公開

介護用語集 ベトナム語版

介護福祉士受験対策オリジナル教材 「受かるんです」(eラーニング)

弊社では、介護スクール 湘南国際アカデミーを運営しており、介護福祉士受験対策講座及びオリジナル教材は合格率90%の実績があります。

なかでもeラーニング「受かるんです」は、時間問わずスマホで学習できる手軽さと、自分のペースで進められるため、好評を頂いております。

eラーニング「受かるんです」は国家試験の問題によくある「言葉のニュアンスが少し違うだけで問題が解けない」を圧倒的な問題数で解決します。
その数、約4,400問。
過去問題だけではなく、当校が誇る、受験のスペシャリストがオリジナルの問題を考案し、開発しました。
様々な角度からの問題を読み解き、「確実に正解する」力を身につけます。

eラーニング「受かるんです」
eラーニング「受かるんです」

介護日本語授業の実施要領

1.
弊社は学生ごとに授業プランを計画・実施し、毎月頭に授業参加実績を報告。
施設様側では、参加状況不良者に状況を確認し、指導をお願いいたします。
※スマホなどの受信端末及びWiFiの準備については、学生様側にお願いしています。
(授業ではZoomを使用)

2.
最初の1年間は、学生はN2を目標とした日本語教育を受けながら、介護実務の経験を積むと共に、施設様側は初任者研修を計画的な実施をお願いいたします。

3.
2年目から3年目にかけて、学生は弊社の「介護福祉士合格コース1」を受けると共に、施設様側には実務者研修を計画的に実施していただきます。

4.
学生の入社時期に応じて、介護福祉士受験手続を施設様側で実施をお願いいたします。
弊社は受験の日まで、模擬試験などの授業を継続。


アメイジュオリジナル 外国人向け 介護日本語教育とは

【インタビュー動画】

介護福祉士になる為の日本語教育/介護日本語教育について
介護日本語教育 講師:市村一彦



介護日本語教育はアメイジュにお任せください

外国人材の日本語教育、介護教育のお悩みは、アメイジュで解決できます。
まずはお気軽にお問合せ下さい。